ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏、USTR代表にライトハイザー氏指名 対中強硬派

2017年1月3日

[ワシントン 3日 ロイター] - トランプ次期米大統領は、米通商代表部(USTR)代表に対中強硬派として知られるロバート・ライトハイザー氏を指名した。米政権移行チームが3日、正式に明らかにした。

トランプ氏はライトハイザー氏について、「米国第一主義の通商協定を実現するための戦い」に寄与するとしている。

ライトハイザー氏は、1980年代のレーガン政権下でUSTR次席代表を務め、日本製品の輸入抑制で中心的な役割を果たした。その後は、安価な中国製品に苦しむ米鉄鋼業界などの弁護士として、30年近く反補助金や反ダンピング関連の訴訟を担当した経歴を持つ。

同氏はこれまで、中国が2001年に世界貿易機関(WTO)に加盟した際の確約を果たしていないと批判。WTO規定から逸脱することになっても、制度変更に向けて厳しい措置が必要との立場を示している。

*内容を追加して再送します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧