ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米国株式市場は反発、ハイテク株や通信株に買い

2017年1月4日

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米国株式市場は反発して取引を終えた。アルファベット<GOOGL.O>やフェイスブック<FB.O>などのハイテク株や通信のベライゾン・コミュニケーションズ<VZ.N>に買いが入った。

ベライゾンはシティグループによる投資判断引き上げを好感して買われ、2.25%高で取引を終了。グーグルの親会社アルファベットは1.96%、フェイスブックは1.57%それぞれ上昇した。

ヘルスケア株も全般に堅調で、S&Pヘルスケア指数<.SPXHC>は1.40%上昇。個別銘柄では製薬のメルク<MRK.N>が2.17%、同業のギリアド・サイエンシズ<GILD.O>が3.56%それぞれ上げた。

フォード・モーター<F.N>は3.79%高。メキシコでの新工場建設計画を撤回してミシガン工場に7億ドルを投資するとの発表が材料視された。トランプ次期米大統領はフォードのメキシコ工場建設計画を厳しく批判していた。

ガソリン小売り事業の分離を模索していることが明らかになった石油精製のマラソン・ペトロリアム<MPC.N>は5.12%上昇した。

半面、公益株は全般に売りが優勢で、S&P公益事業株指数<.SPLRCU>は0.30%下げた。

ダウ平均が2万ドルの大台に迫り、市場関係者からは相場が目先、大きく上値を追うことはなさそうだとの声も聞かれる。

グリーンツリー・ブローカレッジ・サービシズのウォーレン・ウエスト氏は「トランプ次期大統領は魔法の杖を振りさえすれば望みがかなうわけではない。トランプ氏は議会と折り合う必要があるし、議会が約束を守れるというわけではない」と話した。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では上げ銘柄が下げ銘柄を上回り、比率は3.24対1だった。ナスダックも1.79対1で上げ銘柄が下げ銘柄を上回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 19881.76 +119.16 +0.60 19872.86 19938.53 19775.93 <.DJI>

前営業日終値 19762.60

ナスダック総合 5429.08 +45.97 +0.85 5425.62 5452.57 5397.99 <.IXIC>

前営業日終値 5383.12

S&P総合500種 2257.83 +19.00 +0.85 2251.57 2263.88 2245.13 <.SPX>

前営業日終値 2238.83

ダウ輸送株20種 9023.86 -20.04 -0.22 <.DJT>

ダウ公共株15種 657.32 -2.29 -0.35 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 907.34 +0.87 +0.10 <.SOX>

VIX指数 12.85 -1.19 -8.48 <.VIX>

S&P一般消費財 651.81 +3.99 +0.62 <.SPLRCD>

S&P素材 314.36 +2.20 +0.71 <.SPLRCM>

S&P工業 541.64 +3.57 +0.66 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 533.32 +1.53 +0.29 <.SPLRCS>

S&P金融 390.31 +3.78 +0.98 <.SPSY>

S&P不動産 190.98 +0.75 +0.40 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 560.90 +6.40 +1.15 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 808.04 +11.13 +1.40 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 179.97 +3.36 +1.90 <.SPLRCL>

S&P情報技術 815.12 +7.17 +0.89 <.SPLRCT>

S&P公益事業 246.09 -0.74 -0.30 <.SPLRCU>

NYSE出来高 9.87億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 19380 + 290 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限 円建て 19320 + 230 大阪比 <0#NIY:>

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧