ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ECBのポルトガル国債買い入れ、12月は規定大きく下回る

2017年1月4日

[フランクフルト 3日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が実施している資産買い入れで、昨年12月のポルトガル国債の買い入れ額が7億2600万ユーロ相当と、規定を40%下回っていることが分かった。ポルトガルは景気見通しが不透明で、国債利回りは上昇基調にあるが、ECBの支援が低減している格好だ。

ECBは各国の出資比率に応じて買い入れ額を決定するキャピタル・キー規定を設けており、これに準じたポルトガル国債の買い入れ割合はユーロ圏全体の2.5%相当。だが12月は全体の1.5%にとどまった。

同様にアイルランド国債の買い入れ額もポルトガルほどではないが、キャピタル・キー規定の水準を下回った。

背景には、発行体当たりの国債保有額上限を全体の3分の1とする別の規定に両国の国債保有額が近づいていることがある。ECBは債務危機への対応策として実施した従来の制度で、両国の国債を大量に買い入れてきた。

ECBは現行の資産買い入れを少なくとも12月末まで継続する予定で、ポルトガル国債などの買い入れペースを緩めざるを得ない状況にある。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧