ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドル、前日の高値から下落 新規材料乏しく慎重姿勢=NY市場

2017年1月5日

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対円、対ユーロで下落した。前日に主要通貨に対してつけた14年ぶりの高値水準から押し戻された。

この日は昨年12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨が公表されたが、市場では米国経済や連邦準備理事会(FRB)の利上げの先行きを判断するための新たな材料に乏しいと受け止められ、投資家が慎重姿勢を強めた。

ウェスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「(FOMCの)議事要旨の内容は寄せ集めだ。FRBは経済について楽観的なようなことを言っておきながら、他方ではドル高を問題視している」と述べた。

議事要旨発表を受け、ドルは対ユーロでこの日の安値水準まで売られたが、その後やや値を戻した。

ユーロ/ドル<EUR=>は終盤、0.6%高の1.0465ドルで取引された。12月のユーロ圏の消費者物価の上昇が市場予想を上回ったことなどもユーロの追い風だった。

ドル/円<JPY=>は0.2%安の117.51円。

メキシコペソは対ドル<MXN=>で過去最安値を更新。トランプ次期米大統領が選挙戦で訴えた保護主義的な通商政策が現実のものになるとの懸念が強まり、2%以上下落した。

ドル/円 NY終値 117.24/117.29

始値 117.57

高値 117.74

安値 117.06

ユーロ/ドル NY終値 1.0486/1.0490

始値 1.0429

高値 1.0499

安値 1.0424

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧