経営 × 採用

サントリービール・水谷徹社長が語る「ヒット商品を生むために欠かせない組織風土作り」

多田洋祐 [ビズリーチ取締役・キャリアカンパニー長]
【第8回】 2017年1月6日
previous page
3

多田 人材採用でも、そうした意志を持った人材を求めますか? また、新卒採用の新入社員と中途採用の経験入社の社員に求めるものに違いはありますか?

水谷 そうですね。新卒入社の社員も、経験入社の社員にも同じものを求めます。新卒社員と比べても経験入社の社員には並々ならない愛社精神を抱く人も多いですよ。どんどん意見を出してもらって活躍しています。それに、社員の輪の中にはいつも「ザ・プレミアム・モルツ」があるから、チーム間の距離がグッと近づきやすいのです。

 私は「過去は変えられないが、未来は変えられる」という言葉も好きなんです。過去の分析が未来を変えるための参考事例であるならまだしも、失敗の振り返りばかりをしていると、次の手を打つために考える余裕がなくなってしまいます。むしろ、「どうなりたい?」という思いがいつも先にある。「3年後にはこんな会社になっていよう、そのためにこうしよう」と話すほうがプロジェクトはうまくいきますね。

多田 今後の展望をお聞かせください。

水谷 今も昔も「おいしいビールを作っている」会社であることに変わりなく、プレミアムビールのカテゴリーではリーディングブランドとしてご支持をいただいていることは今後も大事にしなければいけないと思っています。

 日本のビールは他社製品とブラインドテストをしてもすべて当てるのが難しいくらいに、技術やおいしさが拮抗しています。だからこそ、喉が渇いた時に飲みたくなる「とりあえず、ビール!」の世界にとどまってきたのではないでしょうか。

多田 その状況を変えていくためには、どのような打ち出し方をお考えですか。

水谷 変えていくというよりも、そこで選ばれるようになることでしょう。年代物のワインやウイスキーと異なって、そもそもビールは「飲むこと」が目的になりにくい商品です。お客様が飲食店に足を運ぶ理由は、料理はもちろんのこと、「雰囲気が良いから」「女将さんが好きだから」などいろいろあります。

 ビールはその輪の中で皆を明るくしたり、料理をおいしくしたりして、人との距離を縮めて元気にできる飲み物なんです。消費者心理でいえば、飲食店のビール銘柄は「なんでもいい」のかもしれない。

 ただ、そこでお客様から「プレミアム・モルツはないの?」とおっしゃっていただくことで、初めてお店に置いていただける。だからこそ、営業力が大事なのです。

多田 本日はありがとうございました。

previous page
3

企業における「採用」を考える

多田洋祐 [ビズリーチ取締役・キャリアカンパニー長]

トップヘッドハンターとして活躍後、人事部長として株式会社ビズリーチ入社し、入社時に従業員30人だった組織を4年で500人に拡大させる。現在はキャリア事業のトップとして事業全体を統括し、「ダイレクト・リクルーティング」の日本での本格的な普及に努める。

 


経営新戦略3.0

これまで数々の企業と対話を重ねてきた採用コンサルのプロが企業に横たわる経営課題をトップに直撃、その解決策について議論する。

「経営新戦略3.0」

⇒バックナンバー一覧