ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国サービス部門PMI、12月は1年5カ月ぶり高水準=財新

2017年1月5日

[北京 5日 ロイター] - 財新/マークイットが発表した12月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は53.4で、前月の53.1から上昇し、1年5カ月ぶりの高水準となった。2017年のモメンタムも好調であるとの見方が広がっている。

サブ指数では、新規事業も1年5カ月ぶりの大幅拡大。景気予想は4カ月ぶり高水準だった。一方、雇用は引き続き低調。投入価格は約2年ぶりの大幅上昇となった。

調査対象となった企業によると、商品価格の上昇は原材料価格の上昇が主因だが、競争激化により販売価格への転嫁は困難であり、利ざやの圧迫が示唆されている。12月の商品価格指数は50.5でほぼ横ばいだった。

製造部門とサービス部門を合わせた12月の総合財新PMIは約4年ぶり高水準の53.5と、前の月の52.9から上昇した。

CEBMグループのマクロ経済分析部門アナリストであるZhengsheng Zhong氏はリポートで「第4・四半期の中国経済は、1―3・四半期を上回る伸びをみせた」と述べ、通年の成長率は政府目標の6.5―7%を達成することが確実だとの見方を示した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧