ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米民主党メール流出のロシア関与、大統領選後に証拠入手=米当局者

2017年1月5日

[ワシントン 4日 ロイター] - 米情報機関は、民主党全国委員会に対するサイバー攻撃で流出した電子メールについて、ロシアが第三者を通じて内部告発サイト「ウィキリークス」に提供したとみられる決定的な証拠を、昨年11月の米大統領選の終了後に入手した。米当局者3人が4日明らかにした。

当局者によると、サイバー攻撃に関する報告書が5日にオバマ米大統領に、翌6日にトランプ次期大統領に提出される予定。ただ報告される内容は4日時点でまだ協議中だという。

米大統領選後の情報収集により、サイバー攻撃と情報流出をめぐるロシア政府の関与についてオバマ政権の確信が高まったという。

ただ当局者らは、米政府の情報入手方法は明らかにできないとし、ウィキリークスへの情報提供の詳細は述べなかった。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧