ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ミャンマー、IS戦闘員による襲撃の危機に直面=マレーシア警察

2017年1月5日

[クアラルンプール 4日 ロイター] - ミャンマーで、過激派組織「イスラム国」(IS)の外国人支持者による襲撃の危険性が高まっている。これらの支持者は、イスラム系少数民族ロヒンギャを支援する東南アジアのネットワークから勧誘されたという。マレーシアのテロ対策当局のトップであるアユブ・カーン氏がインタビューで語った。

マレーシア当局は先月、ミャンマーでの襲撃を計画していたIS支持者とみられるインドネシア人男性を拘束。この容疑者は、ミャンマー西部のラカイン州のロヒンギャのためにミャンマー政府と戦い、「聖戦」を実行する計画だったという。

カーン氏はまた、この容疑者と同じ行動を取る戦闘員が他にも出てくる可能性も指摘した。

国連によると、ラカイン州では昨年10月以降、ミャンマー軍による弾圧を受けて3万4000人のロヒンギャが隣国バングラデシュに脱出した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧