ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国、企業の負担軽減に向けた減税措置を検討

2017年1月6日

[上海 6日 ロイター] - 中国財政省は5日、減税と企業のコスト負担の軽減に向けた新たな取り組みを検討する方針を明らかにした。ウェブサイトに声明を掲載した。

国営メディアは現行の税制が企業の持続可能な発展にとって好ましくないとの見解を報じており、これを受けた対応。

財政省の報道官は声明で、中国は既に法人税率を33%から25%に引き下げて国際的な平均水準に近づけたほか、ハイテク企業と開発がそれほど進んでいない西部地域の企業に対する税制優遇措置を導入したと指摘。

その上で、中国が将来的に「税制を改善し企業の負担を一段と軽減する新たな減税措置を検討する」と表明した。また政府が企業に課す諸費用について、現在のシステムは「比較的複雑」で、簡素化の必要があるとした。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧