女性の兄弟・姉妹関係から
男性に対する価値観を見る

 みなさんにはぜひ、兄弟・姉妹関係を見てほしいのだ。

 その女性に兄弟・姉妹がいたら、それが「兄」「弟」なのか、それとも「姉」「妹」なのかをチェックしていただきたい。

 女性だけの姉妹の場合、男性は父親だけであり、男性は「頼る対象」になりやすい。そのため、結婚すると夫は頼られる存在になる。女性に頼られたいタイプの男性はこちらを選ぶほうがよさそうだ。

 一方、男兄弟がいる場合、男性に頼ることを良しとしない価値観になりやすい。対等な夫婦関係を望む人は、こちらのほうが心地よいかもしれない。また、男性が長男の場合、子どもを産むというシチュエーションについても、前向きにとらえてくれやすいかもしれない。

 女性の傾向として、自分の家庭環境が結婚した後の生活にも影響を与えることが多い。女性の家庭に対するイメージや価値観は、結婚前に必ずチェックしよう。

 ちなみに、お見合い検索サイトにおける女性の自己申告で、気をつけたほうがいいものもあるので、こっそりお教えしよう。

 まずは体重。検索条件に体重を入れる人がいるが、たいていの女性は2kgはサバを読んでいるものだ(一方、男性は身長を3cmほどごまかすことが多い)。写真もスタジオでプロのカメラマンをつけて撮影していることが多く、その点は大いに注意しよう。

 趣味に「料理」と書いてあるのもあまり信用しないほうがいい。そう書いておいたほうがウケがいいことを、女性は婚活のテクニックとしてよく知っているのだ。

 また、「旅行」もお金がかかる女性がよく書いているものだ。旅行と書かれていなくても、「韓国語」などのキーワードがある場合も、「もしかしたら韓流好きかも?」くらいには思っておいたほうがよいかもしれない。