ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ユーロ圏景況感指数、12月は107.8に上昇 予想上回る

2017年1月6日

[ブリュッセル 6日 ロイター] - 欧州委員会が発表した12月のユーロ圏景況感指数は107.8となり、前月の106.6から上昇し、市場予想の106.8を大幅に上回った。フランス、ドイツ、オランダで楽観的な見方が高まった。

業況指数は0.79で、2011年6月(1.03)以来の高水準となった。市場予想は0.44だった。

景況感指数は構成指数のすべてが改善を示した。製造業景況感指数は11月のマイナス1.1からプラス0.1に転じ、長期平均のマイナス6.5を大きく上回った。

サービス業景況感指数は12.9。11月の改定値12.2から上昇し、市場予想(12.2)も上回った。

製造業販売価格期待指数は4.9と11月改定値と変わらずだったが、消費者インフレ期待指数は8.8と11月の6.3、10月の4.3から上昇した。

景気支援とインフレ押し上げに向け、多額のユーロ圏債券を買い入れてきた欧州中央銀行(ECB)にとって朗報だ。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧