ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

今週の米株、米大手銀の決算や小売売上高に注目

2017年1月9日

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 9日から始まる週の米国株式市場では、6日に発表された12月の米雇用統計が賃金の大幅上昇を示すなど好調だったことから、13日の小売売上高で米経済の強さが確認されるかかどうかに注目が集まる。

同じく13日には12月の卸売物価指数も発表される。

米企業決算では、9日のアルミ大手アルコアを皮切りに第4・四半期の決算発表が本格化する。特に13日のJPモルガン・チェース<JPM.N>で、業績や経営陣のコメントからすでに高値圏に達している株価を正当化するような内容が示されるかどうか注目される。

他の大手銀、ウェルズ・ファーゴ<WFC.N>、バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>、資産運用大手ブラックロック<BLK.N>も決算を発表する。

米株市場は、中国の指標にも関心をもって見守っている。10日には中国のインフレ指標が発表される予定。

また、11日にトランプ次期大統領が初の記者会見を開く予定で、その発言が注目されている。

イエレンFRB議長と全米の教育者とのタウンミーティングがウェブ中継されるなど、米連邦準備理事会(FRB)関係者の発言機会も多く、米経済の状況や次の利上げの時期についてなど、手がかりが示される可能性もある。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧