ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米選挙戦中のサイバー攻撃、トランプ氏がロシアの関与認める

2017年1月9日

[ワシントン 8日 ロイター] - トランプ次期米政権で大統領首席補佐官に就任するラインス・プリーバス氏は8日、大統領選中にロシアがサイバー攻撃を行ったとの報告書をトランプ米次期大統領が受け入れると明らかにした。

プリーバス氏はFOXニュースのインタビューで、民主党機関への不正侵入の背後にはロシアの関与があるとトランプ氏が考えていると述べた。ただ、サイバー攻撃はロシアのプーチン大統領が指示したとの見方にトランプ氏が同意しているかどうかは明確にしなかった。

トランプ氏は6日、諜報機関からの報告書の説明を受けていた。同氏はこれまで、ロシアが攻撃を行ったとする見方には懐疑的だった。

一方、オバマ米大統領はNBCテレビとのインタビューで、ロシアのプーチン大統領の存在を過小評価していたとは思わないが、現代の情報社会で、サイバー攻撃による偽情報が米国の開かれた社会やシステムにどれほど影響を与え、米国の民主主義に入り込むかについては、過小評価していたと認めた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧