ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米国株はダウ反落で2万ドル乗せ失敗、エネルギー・金融株に売り

2017年1月10日

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米国株式市場は、高安まちまちで引けた。エネルギー株や金融株の売りでダウ工業株30種が反落し、2万ドルの大台乗せを阻まれた。

ナスダック総合は、ヘルスケア株の買いを支えに過去最高値を更新した。

原油価格下落が響いてエネルギー<.SPNY>は1.5%下がり、金融<.SPSY>は0.8%安。個別銘柄ではゴールドマン・サックス<GS.N>が0.8%安、エクソンモービル<XOM.N> が1.7%安となり、いずれもダウ工業株30種を押し下げた。

一方で製薬のメルク<MRK.N>は1.4%高。武田薬品工業<4502.T>が買収を発表したがん治療薬を手掛けるアリアド・ファーマシューティカルズ<ARIA.O>は72.9%の急騰となった。メルクとの共同がん治療プログラムの進展を明らかにしたバイオ医薬品のインサイト<INCY.O>は9.4%上がった。

市場では、第4・四半期企業決算の発表やドナルド・トランプ氏の大統領就任を控え、相場の一服感が広がりつつある。S&P総合500種は昨年11月8日の大統領選以降、トランプ氏の政策期待で6%強上昇しているものの、今は同氏が政策を実行できるかどうかに投資家の関心が集まっている。

オークブルック・インベストメンツのピーター・ジャンコフスキス共同最高投資責任者は「市場参加者は政治ニュースや企業業績の面でより多くの情報を待ち望んでいる。足元では多くの不透明要素が存在する。向こう1カ月で何らかの動きが出てくるだろう」と話した。

騰落銘柄比率はニューヨーク証券取引所が1.77対1、ナスダックが1.45対1といずれも下げが優勢だった。米取引所の合計出来高は約64億株で、過去20営業日平均の66億株を下回った。   

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 19887.38 -76.42 -0.38 19931.41 19943.78 19887.38 <.DJI>

前営業日終値 19963.80

ナスダック総合 5531.82 +10.76 +0.19 5527.58 5541.08 5517.14 <.IXIC>

前営業日終値 5521.06

S&P総合500種 2268.90 -8.08 -0.35 2273.59 2275.49 2268.90 <.SPX>

前営業日終値 2276.98

ダウ輸送株20種 9022.83 -81.25 -0.89 <.DJT>

ダウ公共株15種 653.19 -8.37 -1.27 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 918.58 +9.93 +1.09 <.SOX>

VIX指数 11.56 +0.24 +2.12 <.VIX>

S&P一般消費財 662.47 -0.44 -0.07 <.SPLRCD>

S&P素材 317.91 +0.03 +0.01 <.SPLRCM>

S&P工業 541.72 -3.76 -0.69 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 531.60 -3.68 -0.69 <.SPLRCS>

S&P金融 388.10 -3.05 -0.78 <.SPSY>

S&P不動産 193.06 -1.25 -0.64 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 549.33 -8.24 -1.48 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 823.90 +3.65 +0.44 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 172.59 -1.98 -1.13 <.SPLRCL>

S&P情報技術 829.21 +1.61 +0.19 <.SPLRCT>

S&P公益事業 244.72 -3.24 -1.31 <.SPLRCU>

NYSE出来高 8.22億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 19475 + 75 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限 円建て 19430 + 30 大阪比 <0#NIY:>

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧