ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

NY市場サマリー(9日)

2017年1月10日

[10日 ロイター] - <為替> 米国株の下落と米国債利回りの低下を背景にリスク回避の動きが強まり、ドルが円に対して下落した。ドル/円<JPY=>は一時、0.8%安の115.97円に下げた。

アナリストの話では、トレーダーは米金利の低下と株安に反応したとみられ、ドルを対円で押し下げるファンダメンタルな要因はなかったという。クレディ・スイス(ニューヨーク)の世界外為戦略部門責任者、シャハブ・ジャリヌース氏はこの日の市場について「株価が下落したという事実との関連性が見受けられる」と述べた。

一方、ポンドはメイ英首相の欧州連合(EU)からの離脱に関する発言を手掛かりに売られ、ドルとユーロに対して1%以上値下がりした。メイ首相は週末、EU加盟の「一部要素」を維持することに関心はないと表明した。

ポンド/ドル<GBP=D4>は一時、昨年10月末以来の安値となる1.2125ドルに下落、ユーロ/ポンド<EURGBP=R>は約1.3%高の0.8699ポンドを付け、昨年11月中旬以来の高値となった。

終盤のポンド/ドルは1.2161ドル、ユーロ/ドル<EUR=>は0.4%高の1.0567ドルで推移している。ドル/スイスフラン<CHF=>は0.3%安の1.0148フランとなっている。主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は一時、0.26%安の101.950に低下した。

TJMブローカレッジ(シカゴ)の外国為替部門のリチャード・スカローン氏は、ユーロが対ポンドで買われた流れが波及してユーロを対ドルで押し上げたと説明。アナリストによると、ドイツの11月の貿易統計で輸出が3.9%増加したことも、ユーロを下支えした。

<債券> 米国債利回りが低下した。中国人民元や英国の欧州連合(EU)離脱交渉の行方をめぐり懸念が広がり、安全資産としての米国債の投資妙味が高まった。

中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した12月末時点の中国外貨準備高は3兆0110億ドルで、2011年2月以来の低水準まで減少した。人民元安による資金流出が不安視されている。

今週は240億ドルの3年債、200億ドルの10年債、120億ドルの30年債入札を控えており、利回りの押し上げ要因となった。

トムソン・ロイター傘下のIFRによると、今週は投資適格級の社債250億━300億ドルが発行される見込みで、これに備えたヘッジの動きも利回り低下を抑制した。

米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は同日、連邦準備理事会(FRB)は、2015年以降年1回にとどまっている利上げペースを加速させる必要があるとし、さもなければインフレ高進リスクを増大させるとの見解を示した。

米アトランタ地区連銀のロックハート総裁は、トランプ次期政権で見込まれる経済政策を背景に、FRB当局者からは利上げペースの加速が必要といった声も上がっているが、トランプ政権の経済政策に関して判断するのは時期尚早との考えを示した。

<株式> 高安まちまちで引けた。エネルギー株や金融株の売りでダウ工業株30種が反落し、2万ドルの大台乗せを阻まれた。

ナスダック総合は、ヘルスケア株の買いを支えに過去最高値を更新した。

原油価格下落が響いてエネルギー<.SPNY>は1.5%下がり、金融<.SPSY>は0.8%安。個別銘柄ではゴールドマン・サックス<GS.N>が0.8%安、エクソンモービル<XOM.N> が1.7%安となり、いずれもダウ工業株30種を押し下げた。

一方で製薬のメルク<MRK.N>は1.4%高。武田薬品工業<4502.T>が買収を発表したがん治療薬を手掛けるアリアド・ファーマシューティカルズ<ARIA.O>は72.9%の急騰となった。メルクとの共同がん治療プログラムの進展を明らかにしたバイオ医薬品のインサイト<INCY.O>は9.4%上がった。

<金先物> ドル安・ユーロ高などを手掛かりに買い戻しが入り、反発した。中心限月2月物 の清算値は前週末比11.50ドル(0.98%)高の1オンス=1184.90ドルで、 これは2016年11月29日以来約6週間ぶりの高水準。

<米原油先物> イラク南部での輸出量増加や米国内での原油増産観測を背景に売られ、大幅反落した。下落は4営業日ぶり。米国産標準油種WTIの中心限月2月物の清算値は、前週末比2.03ドル(3.76%)安の1バレル=51.96ドルと、中心限月の清算値ベースで12月16日(51.90ドル)以来約3週間ぶりの安値を付けた。3月物の清算値は2.00ドル安の52.87ドル。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧