ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏人事の上院公聴会、国務長官は11日 共和党の協力が鍵

2017年1月10日

[ワシントン 9日 ロイター] - 米上院で今週行われる、トランプ次期大統領が指名した主要閣僚ポストの承認公聴会は、政策実現に向けて共和党メンバーと協力できるかどうか、トランプ氏の手腕が試される機会となる。

トランプ氏が大統領に就任する1月20日以降の政権移行を円滑に進めるには、定数100の上院で共和党員52人が協力して閣僚人事を承認する必要がある。

今週は10日と11日に計7つのポストの指名承認公聴会が予定されている。

10日には、司法長官に指名されたジェフ・セッションズ氏(アラバマ州選出共和党上院議員)、国土安全保障長官に指名されたジョン・ケリー氏(海兵隊退役大将)の公聴会があり、民主党にとっては、メキシコとの国境に壁を築くなどといったトランプ氏の移民政策に疑問を提示する場となる。

共和党のストラテジスト、ライアン・ウィリアムズ氏は「全般的に上院共和党はトランプ氏に指名された人物を支持する見込みで、うまくいけば今後の協力的かつ生産的な関係に向けた雰囲気作りができるだろう」との見方を示した。

11日には5つのポスト(国務長官:レックス・ティラーソン氏、教育長官:ベッツィー・デボス氏、中央情報局(CIA)長官:マイク・ポンペオ氏、商務長官:ウィルバー・ロス氏、労働長官:アンディー・パズダー氏)の承認公聴会が行われる。

トランプ氏の報道官ショーン・スパイサー氏は、共和党だけでなく民主党の支持も得て、すべての指名が最終的に承認されるとの見方を示した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧