ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米政府、ロシア捜査委員長ら5人に制裁 人権侵害関与で

2017年1月10日

[ワシントン 9日 ロイター] - 米政府は9日、人権侵害に関与したとして、ロシア連邦捜査委員会のアレクサンドル・バストルイキン委員長を含む5人を制裁対象に指定した。米財務省が発表した。同委員長はプーチン大統領の側近。

米当局者によると、制裁は人権侵害を制裁対象とする2012年の「マグニツキー法」に基づくもので、ロシアによるサイバー攻撃の疑いとは関連していない。5人は米国への入国が禁止され、同国に所有する資産が凍結される。

制裁対象となったのはバストルイキン委員長のほか、捜査当局者、アレクサンドル・リトビネンコ氏殺害事件のアンドレイ・ルゴボイ容疑者とドミトリー・コフトゥン容疑者ら。ロシアの元スパイでプーチン政権に批判的だったリトビネンコ氏は、2006年にロンドンで死亡した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧