ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

訂正-北朝鮮のICBM、大気圏再突入の技術は未獲得=稲田防衛相

2017年1月10日

[東京 10日 ロイター] - 稲田朋美防衛相は10日の閣議後会見で、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を示唆したことに関連し、大気圏再突入の能力を獲得できていない可能性を指摘した。

稲田防衛相は「北朝鮮が核兵器の小型化、弾頭化に至っている可能性は考えられる」とする一方、「大気圏再突入時の弾頭(訂正)を保護する技術は、これまでのミサイル発射で実際に検証し得たとは考えていない」と語った。

ただ、昨年3月に再突入の模擬試験を公表したことに言及し、「技術の獲得を追及しているのは明らか。米国や韓国とも緊密に連携しつつ、引き続き必要な情報収集に努める」と述べた。

稲田防衛相は12日からグアムを訪問し、米軍の新型迎撃ミサイル「THAAD(サード)」を視察することも明らかにした。

*本文2段落目の「弾道」を「弾頭」に訂正します

(久保信博)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧