ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

カナダ首相、週内に内閣改造へ ディオン外相は更迭の見込み

2017年1月10日

[オタワ 9日 ロイター] - カナダのトルドー首相は今週中に内閣改造を行い、ディオン外相を更迭する見通し。関係者が9日明らかにした。

この件について最初に報じた現地紙カナディアン・プレスによると、内閣改造は10日に行われる予定で、少なくとも6ポストの入れ替えが予想されている。

トルドー氏にとっては2015年の首相就任以来初めての大幅な内閣改造となる。

米国のトランプ新政権の発足を月内に控え、今後4年間の対米関係がカナダにとって非常に重要となる中、トルドー首相は英語よりもフランス語が得意なディオン氏よりも意志疎通に長けた人物を外相に据える必要があると判断した可能性がある。

トランプ氏は選挙戦で、北米自由貿易協定(NAFTA)を見直す方針を表明した。実際に見直されれば、対米国輸出が75%を占めるカナダに大きな打撃となりかねない。

ディオン外相の後任候補としては、フリーランド国際貿易相が有力視されている。フリーランド氏は記者出身で米国で数年働いた経験があり、米政府関係者との人脈もあるという。

一方、ウクライナ人の血を引き、ロシアのプーチン大統領に批判的だったフリーランド氏の外相起用は、ロシアとの関係改善を望むトルドー首相にとって難しい問題となりそうだ。

首相とディオン外相のオフィスはそれぞれコメントを拒否。フリーランド国際貿易相のオフィスはコメントの求めに応じていない。

ディオン外相は、昨年6月の中国の王毅外相との共同会見で、人権に関する質問をしたカナダ人記者に王外相が激高した際、この記者を擁護しなかったとして批判を浴びていた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧