ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

北京、「環境ポリス」創設へ 大気汚染対策の一環

2017年1月10日

[北京 9日 ロイター] - 中国の首都北京は、大気の浄化や大気汚染源に対する取り締まり強化の一環として、環境規則の違反摘発に特化した警察部隊を創設する。北京市の蔡奇・市長代理が7日、明らかにした。新華社が伝えた。

野外でのバーベキューやごみの焼却、バイオマス燃焼や道路の粉じんなどが取り締まりの対象になる。蔡氏は「こうした規則に違反する行為は、ずさんな監視と弱い法執行機関が原因」と、政府の会合で述べた。

中国では年末から年始にかけ、北部の大部分がスモッグに覆われた。北京や天津、西安などの大都市では大気汚染が危険な状態にまで悪化し、航空便の運航や港の操業に影響が出たほか、学校が休校になり、住民は屋内にとどまることを余儀なくされた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧