ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドル小動き、トランプ氏会見控え神経質な取引=NY市場

2017年1月11日

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが小動きで推移した。11日のトランプ次期米大統領の会見を控え神経質な値動きが続き、海外市場ではドルが円やユーロに対して売られる場面もあった。

ドル/円<JPY>は海外市場で0.7%安の115.21円まで下落。ユーロ/ドル<EUR=>は一時11営業日ぶり高値の1.0626ドルに上昇したが、終盤は0.14%安の1.0557ドルとなった。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は直近が0.08%高の102.010。

昨年11月8日の米大統領選でトランプ氏が勝利して以来、同氏の政策が経済成長とインフレをもたらし、米連邦準備理事会(FRB)の利上げが加速するとの見方から、ドル指数は4%強上昇してきた。ただ足元では、トランプ氏が会見で通商問題や中国との関係について過激な発言をするのではないかとの警戒感が広がり、ドル買いが手控えられた。

チャップデレーン・フォーリン・エクスチェンジのマネジングディレクター、ダグラス・ボースウィック氏は「米国の製造業を活性化させ、国際競争の面でより対等な立場になるようにするために、トランプ氏はドル安政策を提示するかもしれない」と指摘した。

メキシコペソは対ドルで過去最安値を更新。トランプ氏の会見を前にペソの持ち高を縮小する動きが強まった。

FXアナリティクスのパートナー、デービッド・ギルモア氏は「メキシコは依然として米大統領選結果の一番の犠牲者であり、被害は今後もっと大きくなるだろう」と述べた。   

ポンド/ドル<GBP=D4>は、英国の欧州連合(EU)強硬離脱懸念を背景に海外市場で昨年10月25日以来の安値を付けた後、終盤は横ばい圏まで持ち直した。

ドル/円 NY終値 115.76/115.78

始値 115.91

高値 116.34

安値 115.30

ユーロ/ドル NY終値 1.0553/1.0556

始値 1.0578

高値 1.0604

安値 1.0552

*表を更新しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧