ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏の不動産会社、ジョージアの開発計画を撤回

2017年1月11日

[トビリシ 9日 ロイター] - トランプ次期米大統領が経営する不動産会社トランプ・オーガニゼーションは、トランプ氏の大統領職との利益相反を回避するため、旧ソ連のジョージア(グルジア)での2億5000万ドルの不動産開発計画を撤回した。同国における元ビジネスパートナーがロイターに語った。

トランプ・オーガニゼーションは、この主張に関するコメントを拒否し、トランプ氏の政権移行チームはコメントの求めに応じていない。

トランプ氏は、米大統領選に勝利して以来、自身の事業と利益相反が生じないよう対策を取ると語っていたが、詳細は明らかにしていない。

トランプ氏は2012年4月にジョージアを訪れた際、地元の不動産開発会社「シルクロード・グループ」に自身のブランド名を与え、黒海沿岸のリゾート地バトゥーミに47階建てのタワーを建設すると発表した。

両社は先週、計画の撤回を共同で発表したが、理由については詳細を明かしていなかった。

 「(計画撤回の)唯一の理由は、トランプ氏が米大統領に選出され、利益相反への懸念から、海外での事業が継続できなくなったことだ」と、シルクロード・グループ代表のギオルギ・ラミシュビリ氏はロイターとのインタビューで述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧