ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

アングル:自動運転車技術、メーカーと部品会社の提携広がる

2017年1月11日

[ラスベガス 8日 ロイター] - 自動車業界では、メーカーと部品供給業者が自動運転車技術で提携する動きが広がりつつある。開発コストや技術面の課題が非常に重く、負担を分け合う必要があるためだ。

テスラ・モーターズ<TSLA.O>やゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>、フォード・モーター<F.N>など一部の自動車メーカーは自動運転で独自技術の開発に取り組んでいるが、大半はアンチロックブレーキシステムなどと同じように部品供給業者(サプライヤー)と組む方が道理にかなっていると判断したようだ。

自動運転用センサーシステムを供給するモービルアイ<MBLY.N>のアムノン・シャシュア最高経営責任者(CEO)は「純粋な自動運転車を作ろうとするなら、その負担は1社の手に余る。技術的な困難はあまりも巨大で、月に人を送るのに匹敵する」と話す。

自動運転分野ではモービルアイのほか、半導体のエヌビディア<NVDA.O>や部品メーカーのデルファイ・オートモーティブ<DLPH.N>などが提携先として人気を集めており、既に世界各地で複数の連合を形成している。

トヨタ・リサーチ・インスティテュートのギル・プラットCEOは「今業界で起きているのは大規模な椅子取りゲームのようなもので、まだ音楽は鳴りやんでいない。だれもが提携相手を変えている」と話した。

モービルアイとテスラの提携は昨年夏、テスラ車で死傷事故が起きたのをきっかけに解消。その後モービルアイは独BMW<BMWG.DE>および米半導体大手インテル<INTC.O>の連合と手を組んだほか、デルファイとも提携した。

デルファイのジェフ・オーエンズ最高技術責任者によると、モービルアイとの提携にはターンキーシステムの開発が含まれ、2019年には生産の準備が整う見込み。

BMWの自動運転技術を担当するエルマー・フリッケンシュタイン上席副社長は、インテルとの提携に他のメーカーやサプライヤーがさらに加わるとの見通しを示した。

エヌビディアも自動運転分野で提携を広げており、先に独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>傘下の高級車部門アウディとデジタル地図・位置情報サービスのヒア(HERE)の連合、ドイツのZFおよびボッシュの連合との提携を発表した。

ボッシュの取締役会メンバーで自動運転技術を担当するディルク・ホーハイゼル氏は「当社は独自システムの開発を目指していない。他社と組み、標準的なプラットフォームを開発し、特にデータや地図の分野で自動運転システムの標準を作りたいと考えている」と述べた。

仏部品供給バレオ<VLOF.PA>のギヨーム・デヴォシェル氏も、サイバーセキュリティーなど一部の技術ではメーカーが今後も責任を負うだろうが、サプライヤーへの依存は続くと予想。センサー、データ処理、人工知能、インターフェースなど自動運転システムは極めて複雑なため、サプライヤーへの依存と独自開発が混在した状態が続くとの見方を示した。

(Paul Lienert、Alexandria Sage記者)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧