ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

黒田日銀総裁が安倍首相と会談、世界経済の動向を説明

2017年1月11日

[東京 11日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は11日午後2時半から、安倍晋三首相と首相官邸で30分程度、会談を行った。会談後に会見した黒田総裁によると、首相に「世界経済の動向について説明した」という。

黒田総裁は、同日記者会見が予定されているトランプ次期米大統領についての具体的なやりとりはなかったとする一方、「米国経済は景気が堅調」であり、「米国や欧州、アジア経済について説明した」と語った。首相から総裁に対して、政策面での「具体的な要望や指示は特になかった」という。

黒田総裁が官邸で首相と会談するのは、昨年9月以来4カ月ぶり。

*写真を差し替えました。

(竹本能文)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧