ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ティラーソン米国務長官候補、現行の対ロシア制裁維持を支持

2017年1月12日

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ次期米大統領が国務長官に指名したレックス・ティラーソン前エクソンモービル会長(64)に対する指名承認公聴会が11日、上院外交委員会で開かれた。ティラーソン氏は現行の対ロシア制裁を当面、維持することが望ましいとの考えを示した。

同氏は「現状を維持することでわれわれはいずれの方向にも向かえることを示せる」とした上で「ロシアとの関わりが持て、相手の考えがよりよく理解できるようになるまで、現状維持を勧めたい」と述べた。

ロシアのプーチン大統領が戦争犯罪を犯しているとはいえないとも述べ、対ロシア制裁を変更する可能性に含みを持たせた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧