ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ブラジル中銀、政策金利を75bp引き下げ13%に 景気支援へ

2017年1月12日

[ブラジリア 11日 ロイター] - ブラジル中央銀行は11日、政策金利<BRCBMP=ECI>を75ベーシスポイント(bp)引き下げ、13.00%にすると全会一致で決定した。政策金利は約2年ぶりの低水準となった。

中銀は市場予想より大幅な75bpの利下げで、ブラジルの深刻なリセッション(景気後退)からの脱却を支援する。

利下げは3回連続。過去2回は25bpずつの利下げだった。

大方のアナリストは今回50bpの利下げを見込んでいた。75bpの利下げを予想していたのはわずかだった。

中銀は会合後の声明で、50bpの利下げを検討していたが、ディスインフレの広がりと景気回復の停滞でより大胆な措置が求められていると判断し、より積極的な緩和に動くことを決めたと説明した。

その上で今後の利下げサイクルの期間がどうなるかや、緩和ペースを見直すかどうかは、引き続き物価見通しとインフレ期待次第になると強調した。

テメル大統領は、中銀の政策決定後に異例の声明を発表し、利下げは景気回復に向けた状況が整ったことを示すと指摘。追加利下げの余地があるとの見解を示した。

ブラジルでは深刻なリセッションで多数の失業や企業破綻が生じ、中銀に利下げを求める圧力が高まっている。

2016年初めに2桁台だったインフレ率は年末に中銀の目標レンジ上限(6.5%)を下回る水準まで大幅に鈍化しており、利下げへの道は開かれている。

中銀は2017年のインフレ見通しを4%と目標の中間値(4.5%)を下回る水準に引き下げた。18年はさらに3.4%への鈍化を見込む。

投資銀行Haitongのチーフエコノミスト、ジャンキエル・サントス氏は「ブラジル中銀は、より良好なインフレ見通しを受け、金融政策の緩和ペースを加速させる見込みだ。年末までに政策金利が1桁になる可能性がかなり高まった」と指摘した。

*内容を追加して再送します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧