ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

次期米運輸長官のチャオ氏、公聴会で異論出ず 指名承認の見通し

2017年1月12日

[ワシントン 11日 ロイター] - 米上院で11日、トランプ次期米大統領が運輸長官に指名したイレイン・チャオ元労働長官に対する公聴会が開かれた。

チャオ氏をめぐっては特に環境問題への姿勢で批判があるものの、運輸長官への指名に強い反対意見は出ず、指名は承認される見通し。

台湾からの移民であるチャオ氏はブッシュ前政権で労働長官を務め、アジア系米国人女性として初めて閣僚ポストに就いた。夫は共和党のミッチ・マコネル上院院内総務。

トランプ氏は1兆ドル規模のインフラ整備計画を提案し、出資した民間投資家には出資額の82%に相当する税額控除を行うとしている。これに対し、大半のプロジェクトにおいて、インフラ利用者の負担を大きく増やすことなく投資を回収できるか不明だとの批判がある。

上院商業科学運輸委員会の公聴会に臨んだチャオ氏は、トランプ氏が掲げるインフラ整備計画について「大胆な構想だ」と述べた上で、投資の回収方法について詳細を詰める必要があることを認めた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧