ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

仏大統領選の決選投票、フィヨン氏が大差で勝利の予想=世論調査

2017年1月12日

[パリ 12日 ロイター] - フランス大統領選に関する新たな世論調査で、中道・右派陣営の候補者であるフィヨン元首相と極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首が5月の決選投票に進めば、フィヨン氏がルペン氏に大差で勝利する見込みであることが明らかになった。

POPの調査によると、決選投票での得票率はフィヨン氏が63%、ルペン氏が37%となる見通し。ただ、フィヨン氏の第1回投票の得票率は24%が見込まれ、1カ月前の調査から低下した。

今回の世論調査では、4月23日の第1回投票でフィヨン氏の得票率はルペン氏の得票率を1ポイントまたは2ポイント下回るとみられている。しかし、決選投票では第1回投票を通過できなかった他の候補者への票を集め、ルペン氏を抑えて圧勝すると予想されている。

一方調査では、無所属での立候補を表明したマクロン前経済相が予想外の結果をもたらす可能性も示された。マクロン氏は第1回投票で16─20%の票を得て3位につけると予想されているが、中道派のバイル元教育相が出馬しなければ、バイル氏への票の大半がマクロン氏に流れる可能性がある。バイル氏は出馬するかどうかを明らかにしていないが、世論調査によると5%の票を得ると見込まれている。

調査は今月6─8日にオンラインで行われ、有権者946人の回答に基づいてまとめられた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧