ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

バランスシート縮小、今年議論するのは妥当=米ダラス連銀総裁

2017年1月13日

[ダラス 12日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は、バランスシート縮小の時期や方法について今年協議を始めることは賢明かつ妥当との認識を示した。

総裁は「少なくともどのような行動を取るのか計画について今年議論を始めることは妥当」と指摘。実際に縮小する時期については、さらに利上げが進むまで待つべきだとした。米連邦準備理事会(FRB)が今年、利上げで前進するとの見方も示した。

またトランプ次期政権で実施が見込まれる財政刺激策の一部は米経済の生産性や成長を高める可能性が高いとしたが、移民、通商、医療保険制度改革(オバマケア)の行方を注視すると述べた。

トランプ氏が掲げる規制・税制改革やインフラ投資は米経済に恩恵をもたらす可能性があるとしたが、メキシコとの国境に壁を建設するとのトランプ氏の計画について意見を求められると、移民と貿易は歴史的に米経済の成長を押し上げてきたと答えた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧