ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドル下落、トランプ氏会見後の売り続き一時113円台=NY市場

2017年1月13日

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが下落した。トランプ次期米大統領の11日の記者会見を受けたドル売りの流れが続き、対円で一時113円台をつけた。

トランプ氏の会見内容はロシアによるサイバー攻撃やロシアがトランプ氏にとって不利な情報を入手したとされるうわさが中心で、財政出動や米企業の海外利益還流促進への言及はなかった。

みずほ銀行(ニューヨーク)の通貨ストラテジスト、シレーン・ハラーリ氏は、トランプ氏の記者会見には税制改革や財政刺激策に関する情報がまったく含まれていなかったと指摘。「この点がやや失望を誘った」と述べた。

ドル/円<JPY=>は一時113.76円と5週間ぶりの安値に下落。ユーロ/ドル<EUR=>は1.0684ドルと5週間ぶりの高値をつけ、ポンド/ドル<GBP=D4>は1.2317ドルと6日ぶりの水準に上昇した。

ドル指数<.DXY>は100.720と5週間ぶりの安値をつけた後、ニューヨーク時間の午後には下げ渋り、終盤は0.4%安の101.370で取引された。

ドルはメキシコペソに対しても売られ、終盤は0.3%安の21.7870ペソ。

アナリストは、ドル安傾向がどの程度続くかは不透明だとみている。三菱東京UFJ(ロンドン)の通貨エコノミスト、リー・ハードマン氏は「差し当たり大局について結論を出すのは控える。(トランプ氏が)自身の政策綱領を実行に移すのはこれからだ」と述べた。

ドル/円 NY終値 114.70/114.73

始値 114.26

高値 114.78

安値 113.82

ユーロ/ドル NY終値 1.0610/1.0615

始値 1.0651

高値 1.0684

安値 1.0611

*表を更新しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧