ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国輸出、16年は7年ぶり落ち込み 米新政権の貿易政策に警戒も

2017年1月13日

[北京 13日 ロイター] - 中国税関総署が公表したデータによると、12月の中国輸出は前年同月比6.1%減で、予想(3.5%減)よりも大幅に落ち込んだ。

輸入は3.1%増加。鉄鉱石や石炭などの需要が底堅く、予想(2.7%増)を上回った。

貿易収支は408億2000万ドルの黒字。予想は465億ドルの黒字だった。

2016年の輸出は7.7%減と2年連続で減少。減少率は金融危機時の09年以降で最大となった。輸入は5.5%減、貿易収支は5099億6000万ドルの黒字だった。

また、16年の対米貿易収支は2507億9000万ドルの黒字。黒字額は前年の2609億1000万ドルから縮小した。

税関総署は、トランプ次期米政権が保護主義的な貿易政策を強化すれば、中国の輸出は伸びが抑制されるとして警戒感を示している。

広報担当者は記者団に対し「反グローバル化の傾向が一層顕著になっており、中国はこうした傾向の最大の犠牲者だ」と述べ、中国の対外貿易が17年に改善することは難しいとの見方を示した。

その上で「トランプ氏の大統領就任後、(米国の)通商政策を注意深く見守る」とした。

米財務省は為替操作国を認定する基準のひとつとして、対米黒字が継続的に200億ドルを超えることを挙げている。

オーストラリア・ニュージーランド銀行のエコノミストは顧客向けノートで、トランプ氏の対中貿易への姿勢が、中国の輸出に構造的な弱さをもたらす恐れがあると懸念を示した。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧