ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

1年後に物価「上がる」が64.7%に低下、9月65.1%=12月日銀アンケート

2017年1月13日

[東京 13日 ロイター] - 日銀が13日発表した昨年12月の「生活意識に関するアンケート調査」(第68回)によると、1年後の物価について「上がる」との回答が64.7%となり、前回9月調査の65.1%から低下した。「1年後の物価は現在と比べて何%程度変化すると思うか」との質問に対する回答では、平均値が3.7%上昇、中央値が2.0%上昇となった。

5年後については、「上がる」との回答が77.6%となり、前回調査の80.1%から低下。毎年の変化率は平均値で3.7%上昇、中央値で2.0%上昇となった。

日銀は、2%の物価安定目標の実現には家計や企業などの期待の転換が重要と位置づけており、同アンケートなどによる家計の物価見通しの変化が注目されている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧