ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドル114円後半でしっかり、実需筋の買い観測

2017年1月13日

[東京 13日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の114円後半。国内実需筋などのドル買いが継続的に観測された。このところ米連邦準備理事会(FRB)高官の発言は経済見通しに強気なものも多く、きょうの米小売売上高を確認したいとする向きも多い。

午後のドルは114.90─115.10円台で底堅く推移した。輸入企業や短期筋などから買いが入っていたという。「前日113.75円まで下落した後、下げ止まってじりじり値を戻してきた。もう一回下を試すよりは買いだろう」(国内金融機関)との声が聞かれた。

11日のトランプ氏の会見で具体的な経済成長促進策が出てこなかったことは一部の参加者の失望を誘ったが、「期待していた分が少しはく落した程度」(同)との指摘が出ていた。

<午前のドルもしっかり>

きょうは実質的な五・十日にあたり、実需筋の取引が出やすかった。米国では16日がキング牧師の日で休場となるため、米国市場の3連休を控えたフローもみられた。

前日2.30%付近まで低下した米10年国債利回り<US10YT=RR>は2.38%後半まで上昇。米長期金利の反発もドル/円の上昇要因となった。

FRBのイエレン議長は教育関係者向けのタウンホールで、「短期で見て、深刻な障害があるとは考えていない。米経済は極めて好調だ」と発言した。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 114.97/99 1.0615/19 122.05/09

午前9時現在 114.68/70 1.0614/18 121.73/77

NY午後5時 114.70/73 1.0610/15 121.74/78

(為替マーケットチーム)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧