ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドル一時115円前半、底堅い小売売上高で 週間では2%安=NY外為

2017年1月14日

[ニューヨーク 13日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、底堅い小売売上高を受けドルが買われ、対円で一時115.44円に値上がりした。ただその後は戻り売りが出て、114円台半ば近辺で推移。週間では2%安と昨年7月以来の大幅な下げとなる勢い。

ドル指数は直近で0.16%安。週間では約1%下落。

ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツ(トロント)のFX戦略部ディレクター、カール・シャモッタ氏は「為替市場全般でかなり深くリスクオフ心理が浸透している。トランプ氏による規制緩和、税制改革、財政刺激などをめぐる政策に関し、情報が不足している」と述べた。

トランプ氏は11日、当選後初めてとなる記者会見を開いたものの、経済政策について踏み込んだ発言をしなかったことが市場の失望を招き、ドルは同日と前日に下落。昨年の大統領選以降、11日まで4%値上がりしていたドル指数は前日、5週ぶりの安値をつけた。市場では、トランプ氏の政策が一段と具体化するまでドルはレンジ取引となる可能性が高いとみられている。トランプ氏の大統領就任式は来週20日行われる。

ユーロ/ドルは0.3%高の1.0640ドル。週間では約1%上昇し、11月初旬以来の大幅な値上がりとなる見込み。

ドル/円 NY終値 114.51/114.55

始値 114.64

高値 115.44

安値 114.22

ユーロ/ドル NY終値 1.0641/1.0647

始値 1.0645

高値 1.0671

安値 1.0597

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧