ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏、メルケル独首相は難民政策で重大な誤りと指摘

2017年1月16日

[ロンドン 15日 ロイター] - トランプ次期米大統領は、英タイムズ紙と独ビルト紙との共同インタビューで、メルケル独首相は大量の難民をドイツに流入させる政策を打ち出すという「重大な誤り」をおかしたと指摘した。

また、欧州連合(EU)は「ドイツの乗り物」となっており、今後英国に続きに離脱を選択する国が出てくるとの見方を示した。

トランプ氏は「メルケル首相は不法入国者をすべて受け入れるという重大な誤りをおかした。どこから来たのかわからない人々を受け入れたのだ。致命的で最悪の誤りだった」と発言。メルケル首相は2015年8月に全面的な難民受け入れを表明している。

一方でトランプ氏は、メルケル首相を「大いに尊敬」しており、世界で最も重要な指導者の一人として評価していることを付け加えた。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧