ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

モルガン・スタンレー、超過請求の疑いで和解金1300万ドル=SEC

2017年1月16日

[ワシントン 13日 ロイター] - モルガン・スタンレーがプログラムや請求システムの不具合により富裕層顧客に超過請求を行っていたとされる問題で、同社は1300万ドルを支払い和解する見通しだ。米証券取引委員会(SEC)が13日明らかにした。

SECによると、問題により影響を受けたのは14万9000人以上。同社はその結果、2002―16年にかけて1600万ドル以上の手数料を超過受領していた。

さらに、独立会計士による年に1回の「抜き打ち」検査では2年連続で完全もしくは正確な顧客資産のリストを提出しなかったほか、顧客との契約も保管していなかったもようだ。

同社富裕層向け事業の広報担当者は、問題解決に当たって満足の意を表明。「影響を受けた顧客はすべて払い戻しを受けており、当社は一部既存システムの使用停止などを含め、方針や手続きを改善した」と説明した。

同社は昨年12月にも、顧客向けの資金を不正に流用し消費者保護規則に違反した疑いでSECに対し和解金750万ドルを支払った。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧