ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

昨年12月企業物価指数は1.2%低下、円安でマイナス幅縮小=日銀

2017年1月16日

[東京 16日 ロイター] - 日銀が16日公表した2016年12月の企業物価指数は前年比で1.2%低下した。もっとも円安と商品市況上昇でマイナス幅は11月の同2.2%から縮小した。前月比では0.6%と大幅に上昇し、消費税率を引き上げた2014年4月(前月比0.9%上昇)以来の上げ幅となった。

前月比で指数を押し上げたのはガソリンや軽油、灯油、銅・アルミなどの非鉄、ベンゼンなど化学製品や鉄スクラップや鉄鋼、都市ガス・電力、鶏卵、牛肉など。「円安と商品市況上昇が合わせ技で効いた」(日銀)ほか、海外化学プラントの供給トラブルなども市況を押し上げたという。

12月の輸入物価指数も円建てベースで前年比2.8%低下し、マイナス幅は11月の10%から大幅に縮小した。前月比でも4.9%上昇した。

2016年通年の企業物価指数は前年比3.4%低下し2年連続のマイナスとなった。為替レートが年平均で108.84円と前年比で12.21円、ほぼ1割円高に振れたのが響いた。石油・石炭、非鉄金属、電力・都市ガスなどの下落の影響が大きかった。

*見出しを修正して再送します

(竹本能文)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧