ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

仏大統領選、左派討論会でバルス前首相が劣勢=世論調査

2017年1月16日

[パリ 15日 ロイター] - フランス大統領選の候補者選びの予備選に向け、与党・社会党など左派陣営がテレビ討論会を15日に実施した。有力視されているバルス前首相は、過去の移民政策が批判され劣勢を強いられた。

討論会には候補者7人が参加。左派陣営の予備選は22日に第1回投票が実施される。

討論会後に調査会社Elabeが1053人を対象に実施した世論調査では、「より説得力がある」との項目でモントブール元経済相が29%を獲得。バルス氏は26%にとどまった。

対象を左派支持者に絞ると、アモン前教育相が30%、バルス氏は28%だった。

討論会ではバルス氏の首相在職時の移民政策に批判が集中。同氏は防戦を余儀なくされた。移民受け入れが他のEU加盟国よりも大幅に少ないことを認める一方、過去の政策の擁護に終始した。

アモン氏は移民政策はフランスの価値観に忠実ではなかったとし、「人道ビザ」の導入を提案した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧