ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドルは114円前半、英ポンドは「ハードブレグジット」懸念で急落

2017年1月16日

[東京 16日 ロイター] - 正午のドル/円は、13日のニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の114.08/10円。

早朝の取引では、週末の一部メディア報道をきっかけに、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる「ハードブレグジット」懸念が再燃し、英ポンドが一時1.1983ドルまで下落。昨年10月7日のポンドのフラッシュ・クラッシュ以来の安値をつけた。

海外ファンド勢による英ポンド売りがトリガーとなり、下落過程では損失確定売りを巻き込んで下げが加速した。

対円<GBPJPY=>でも136.83円と昨年11月21日以来の安値まで下落。ドル/円は、英ポンド/円の下落に連れ安となり、一時113.97円まで下落した。

市場では「リスクオフの地合いが若干広がりつつある。英ポンド安でドルは買われているものの、円がそれ以上に買われるというパターンになっている」(金融機関)。

リスクオフムードの背景には、11日のトランプ米次期大統領の会見や、その後の発言などがあり、「(トランプ氏が)なにをするか分からないという不安が、ドル/円の重しになっている」(運用会社)という。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧