ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

11月第3次産業活動指数は104.1、前月比+0.2%=経産省

2017年1月16日

[東京 16日 ロイター] - 経済産業省が16日発表した11月の第3次産業活動指数(季節調整済み、総合)は104.1(2010年平均=100.0)で、前月比0.2%の4カ月ぶりの上昇となった。

11業種中、上昇したのは6業種。「情報通信業」が前月比1.6%上昇した。なかでも、ソフトウェア業の上昇が目立った。「卸売業」と「金融業、保険業」は、同1.2%上昇で推移した。「卸売業」は「その他の卸売業」「建築材料卸売業」「化学製品卸売業」が、「金融業、保険業」では「流通業務」が主として寄与した。

一方、5業種が低下した。「生活娯楽関連サービス」は前月比2.5%低下した。「スポーツ施設提供業」「パチンコホール」「自動車整備業」の不振が影響した。「物品賃貸業(自動車賃貸業を含む)」は0.8%、「小売業」は0.2%のそれぞれ低下となった。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧