ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

豪環境相、日本の南極海での調査捕鯨再開を批判

2017年1月16日

[シドニー 16日 ロイター] - オーストラリアのフライデンバーグ環境相は16日、反捕鯨団体が死んだクジラの写真を公表したことを受け、日本が南極海で調査捕鯨を再開したことに「深く失望した」と述べた。

オーストラリアは、商業捕鯨であれ調査捕鯨であれ、全ての捕鯨に反対の立場。関係筋によると、オーストラリアのターンブル首相と日本の安倍晋三首相との14日の会談でも捕鯨問題が議題に上った。

フライデンバーグ環境相は「日本がいわゆる『科学的』捕鯨を実施するために南極海に戻る決定をしたことを、オーストラリア政府は非常に残念に思っている」とした上で、「調査のためにクジラを殺す必要はない」と述べた。

反捕鯨団体「シー・シェパード」は15日、日本の調査母船「日新丸」のデッキ上で死んでいるミンククジラの写真を公表。日新丸が南極海にあるオーストラリアのクジラ禁漁区で捕鯨を行っていたと主張している。

フライデンバーグ環境相は、死んだクジラの正確な捕鯨場所は確認していない。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧