ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国、香港政務官・財政官の辞任を承認 行政長官選レース本格化

2017年1月17日

[香港 16日 ロイター] - 中国国務院(内閣に相当)は16日、香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)政務官(59)と曽俊華(ジョン・ツァン)財政官(65)の辞任を承認した。中国国営の新華社が伝えた。これにより、両氏が3月の次期香港行政長官選挙に出馬する道が開けた。

曽氏は1カ月前に辞表を提出し一時は次期行政長官候補として最有力視されていたが、中国政府がこれまで辞任を承認していなかったことから、中国の同氏への支持を巡って疑問が広がっていた。

曽氏からのコメントは現時点では得られていない。同氏はまだ行政長官選への正式な出馬表明はしていない。

林氏は12日に辞表を提出し立候補を表明した。

現職の梁振英長官は昨年12月、行政長官選に出馬しない方針を明らかにした。

国務院はまた、林氏との後任として労働福祉局長の張建宗(マシュー・チュン)氏が、曽氏の後任として発展局長の陳茂波(ポール・チャン)氏が就任することを承認した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧