ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国当局の介入、人民元安見込む長期投資家は無傷

ロイター
2017年1月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
1月13日、中国当局は今月初め、人民元売りに歯止めを掛けるために香港のオフショア人民元市場で流動性を急激に絞り、金利を大幅に上昇させたもようだ。しかしこうした市場介入で退治できたのは数少ない短期狙いの投機筋だけで、人民元安を見込む長期狙いの投資家は無傷のままだ。写真は人民元紙幣。北京で昨年3月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[シンガポール/ロンドン 13日 ロイター] - 中国当局は今月初め、人民元売りに歯止めを掛けるために香港のオフショア人民元市場で流動性を急激に絞り、金利を大幅に上昇させたもようだ。しかしこうした市場介入で退治できたのは数少ない短期狙いの投機筋だけで、人民元安を見込む長期狙いの投資家は無傷のままだ。

 香港のオフショア人民元市場は6日、当局によるとみられる流動性の引き締めにより翌日物金利が一時87%と前日の4%から急上昇し、過去最高を更新。オフショア人民元の対ドル相場も過去最低の1ドル=7元近くから持ち直した。

 中国人民銀行(中央銀行)は介入を確認していないが、市場関係者は中銀が動いたとみている。

 しかしトレーダーによると、人民元の投機的取引のため定期的に借り入れを行っている一部ヘッジファンドは介入でポジションの手じまいを迫られたが、人民元弱気派の大半は長期投資家であり、攻撃力を失っていない。

 ミレニアム・グローバル(ロンドン)のポートフォリオ投資共同ヘッド、リチャード・ベンソン氏は「ヘッジファンドの多くは翌日物資金を調達しているが、ほとんどの投資家は3ヵ月物より長期の資金を確保しており、介入の影響を受けていない」と述べた。

 BNPパリバ・インベストメント・パートナーズ(ロンドン)の新興市場債デピュティヘッドのジャンシャルル・サンボー氏は「当局の狙いは、ある程度の先行き不透明感を作り出し、人民元相場は一方向にしか動かないわけではないと投資家に認識させることがすべてだった」と分析。「オフショア人民元の売り持ちを一掃しようとした取り組みではなかったが、警鐘を鳴らすのにうってつけだった」と話した。

 サンボー氏によると、介入は特定のタイプの投資家を標的にしたというよりも中国からの資本流出に働き掛けるのが主眼だった。特に年明けは、年間5万ドルの個人の外貨両替規制が見直されるタイミングに当たる。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧