[ソウル 17日 ロイター] - 韓国の朴槿恵大統領を巡る疑惑などを調べる特別検察は17日、2月初旬までに同大統領への聴取を行う計画であると明らかにした。

特別検察側は定例記者会見で、同大統領が聴取に応じることを見込んでいたものの、詳細については大統領府と詰めていなかったと明らかにした。

韓国では現職大統領は刑事上の訴追を免除される。一方、朴槿恵大統領は特別検察の聴取には応じる考えを示していた。