ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドイツ銀、MBS不正販売問題で米司法省と和解 72億ドル支払い

2017年1月18日

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米司法省は17日、2008年の金融危機につながった住宅ローン担保証券(RMBS)の不正販売をめぐり、ドイツ銀行<DBKGn.DE><DB.N>が72億ドルの和解案を受け入れたと発表した。

司法省によると、RMBSの不正販売をめぐる和解で1社が支払う金額としては過去最大規模。

ドイツ銀は昨年12月23日に米司法省と和解で原則合意したことを明らかにしていた。

72億ドルの内訳は民事制裁金が31億ドル、不正販売で被害を受けた借り手などへの支払いが41億ドル。

ドイツ銀はまた、同行が2006─07年に発行したRMBSの裏付け資産についてどのように投資家を欺いたかを説明する陳述書に同意した。

リンチ司法長官は声明で「ドイツ銀行は投資家の誤解を招いただけでなく、世界的な金融危機の直接的な一因となった」と非難した。

ドイツ銀のクライアン最高経営責任者(CEO)は、2005年から07年にかけての同行の慣行が規範に反し、「容認できない」ものだったと認めた。

その上で、こうした慣行の多くを停止し、基準を改善したと述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧