ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

アングル:好調な米企業決算、株最高値更新を裏付けへ

2017年1月18日

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米企業の昨年第4・四半期決算は、利益の伸び率が2年ぶりの高水準となり、米株式市場の最高値更新を裏付ける内容となりそうだ。

トムソン・ロイターの最新データによると、S&P総合500種構成銘柄は第4・四半期の利益が前年同期比6.2%増と、2014年第4・四半期の7.0%以来の高い伸びになると予想されている。

ほとんどの指標は期間中に幅広い米経済が堅調だったことを示している。製造業の景況感を測る重要指標の米供給管理協会(ISM)製造業景気指数は12月分が2年ぶりの高水準を記録し、世界的な経済見通しも改善した。

さらに第4・四半期はアナリスト予想を上回る業績見通しを公表した企業の数も近年で最多だ。このためストラテジストの間からは、今決算発表シーズンでは市場予想を上回る業績発表が通常より多くなると予想する声が上がっている。

RBCキャピタル・マーケッツのチーフ株式ストラテジスト、ジョナサン・ゴルブ氏は「第4・四半期は確かにある程度、勢いがある。自社の企業活動の中にも勢いが広がると想定するのが理にかなっているのではないか」と述べた。同氏は、現在の利益見通しが経済情勢の改善を十分に反映していないと考えている。

リチャード・バーンスタイン・アドバイザーズのリチャード・バーンスタイン最高経営責任者(CEO)兼最高投資責任者(CIO)も、前年同期がさえない数字だったことから業績は前年同期比で改善が期待しやすいとの見方を示した。

米株式市場は大統領選でトランプ氏が勝利した昨年11月以降に急上昇しているが、企業業績が予想外に上向けばさらに勢い付き、相場が下げに転じるとの不安感は薄れるだろう。

株価の主要3指数はいずれも過去最高値を更新。トムソン・ロイターのデータによると、S&P総合500種構成銘柄の予想利益に基づく株価収益率(PER)は17.1倍で、長期平均の15倍を上回っている。

BB&Tウェルス・マネジメントのシニア・バイス・プレジデントのバッキー・ヘルウィグ氏は「相場上昇は行き過ぎでペースも速すぎるという懸念は部分的に消失するだろう」とした。

投資家の間では、実際に発表される企業業績は全般的に市場予想を超えるとの予想が大勢。トムソン・ロイターのまとめでは、S&P構成企業のうちアナリスト予想を超える第4・四半期の業績予想を示したのはこれまでのところ41件。前年同期から28%増加し、2011年以降で最も多い。

半面、業績見通しがアナリスト予想を下回ったのは83件で、前年比で15%減った。

ロイターが企業の業績見通しを分析したところ、アナリスト予想を超える業績予想を示した41社のうち、かなりの数の企業が業績改善の理由にコスト削減や事業再編、人員削減などを挙げたが、事業環境の好転に触れた企業もあった。

例えば鉄道輸送大手CSX<CSX.O>のフランク・ロネグロ最高財務責任者(CFO)は「当社の輸送量に影響しているマクロ経済面の逆風は、和らぎつつある」として、利益は横ばいか小幅な増加と見込んだ。

懸念材料の1つはドル高だ。ドル高は外国で事業展開する米企業の売上高を押し下げる。ドル相場は第4・四半期に他の主要通貨に対して7.1%上昇した。

しかしバーンスタイン氏は「ドル高は厄介な問題だ」としながらも、「たとえドルが上昇しても幅が小さく、相場が安定を維持すれば、企業利益は今年増加するだろう」と述べた。

(Caroline Valetkevitch記者)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧