ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

欧州議長に保守系タヤーニ氏、EU懐疑派の支持受け

2017年1月18日

[ストラスブール 17日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州議会は17日、マルティン・シュルツ議長の後任に保守系議員のアントニオ・タヤーニ氏(イタリア)を選出した。EU懐疑派の支持を集めた。

タヤーニ氏は元欧州委員で、ベルルスコーニ元伊首相とつながりがある。欧州議長選では、EUに批判的な英国とポーランドの保守系与党の支持を得て当選した。

これらの政党はEUについて、国家主権を侵害していると主張し、官僚的で無駄が多いとみている。こうした政党の支持を得るためタヤーニ氏は、EUが抱える課題の解決策は「欧州統合の強化にはない」と表明している。伝統的にEU統合の防波堤の役割を果たしてきた欧州議会の議長としては異例の発言だ。

タヤーニ氏は一方で、解決策はEUプロジェクトの崩壊にはないとも述べている。

英国のEU離脱には欧州議会の承認が必要となるほか、米国やロシアが欧州にとって新たなリスクとなる中、タヤーニ氏はEUにとって重要な時期に欧州議長に就任する。

*タヤーニ氏の名前の表記を修正しました

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧