ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米新政権と核兵器やシリア問題で協議の用意=ロシア外相

2017年1月18日

[モスクワ 17日 ロイター] - ロシアのラブロフ外相は17日、ロシア政府は米国のトランプ新政権と核兵器およびシリア問題について協議する用意があるとして、両国による国際問題解決に意欲を示した。

年頭の定例会見で述べた。協力可能な分野を強調する一方、トランプ氏とロシアの関係をめぐる批判を悪意のある試みとして一蹴した。

トランプ氏はロシアとの関係改善に積極的な姿勢を示している。

ロシアは米大統領選挙中のハッキング疑惑を否定。ロシアがトランプ氏に関する不名誉な情報を入手したとする英秘密情報部(MI6)元職員の関連文書も策略の一部として切り捨てた。プーチン大統領も17日、この文書を作り話として否定した。

ラブロフ外相は「トランプ次期大統領の見解は前任者とは大きく異なる。相互利益を実用的に模索することでわれわれは多くの問題を解決できる」と述べた。

中でもシリア問題を有望な分野の一つとし、トランプ氏が世界的なテロとの戦いを優先する姿勢を示したことを歓迎した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧