ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

JPモルガン、多店舗維持戦略が報われる局面に

ロイター
2017年1月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
1月16日、米金融大手JPモルガン・チェースは、多店舗維持戦略が報われる局面を迎えつつある。写真は同行のロゴ。NY市で10日撮影(2017年 ロイター/Stephanie Keith)

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米金融大手JPモルガン・チェースに対して銀行アナリストは過去5年にわたり、オンラインバンキング普及が進む中でそんなに多くの支店を構えているのは非効率で経費圧縮のため店舗を減らすべきだと注文をつけている。

 一方で同行の経営陣が、支店網こそがリテールブランド「チェース」の看板であり、口座開設や対面取引を希望する消費者を呼び込む不可欠な手段だと主張する論争が続いてきた。

 そして今、経営陣の方が正しかったように見える情勢になった。あるいは少なくとも、顧客サービスにおいて実店舗とオンラインの適切な組み合わせに他行よりも近づいている。

 バーンスタイン・リサーチのアナリストチームによると、JPモルガンの過去5年間の預金量の伸び率は他の大手行をしのぎ、業界平均の2倍に達する。

 チェース部門は2016年に預金が11%増加し、現在は6070億ドル。これだけの規模を維持し、今後予想される金利上昇局面で融資に振り向ければ、大きな見返りが得られる。

 マリアンヌ・レイク最高財務責任者(CFO)は「預金は非常に力強く増加しており、われわれはその恩恵を受けそうだ」と期待を示した。

 銀行の預金獲得能力が収益動向にとって重要な意味を持つ局面になるのはこの10年前後では初めて。背景には、金利上昇とトランプ次期政権の政策を受けた米経済のさらなる改善見通しがある。

 借り入れ需要が弱く、金利が低かった時期に預金を増やす取り組みを怠っていた銀行は、これから後れを取り戻すのに苦労する、と専門家はみている。

 以前はJPモルガンの多店舗戦略を疑問視していたCLSAのアナリスト、マイク・メイヨ氏は「JPモルガンは逆境期にも投資してきた。今はそれに対するより大きな報酬を得ようとしている」と評価した。

 JPモルガンは顧客が必ずとどまってくれるという保証がない以上、安易に預金の金利を引き上げることには慎重だが、各種のプロモーションを駆使して顧客獲得に努めている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧