ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米12月鉱工業生産指数は0.8%上昇、電気・ガスが大きな伸び

2017年1月19日

[ワシントン 18日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が18日発表した昨年12月の鉱工業生産指数は前月比で0.8%上昇した。市場は0.6%上昇を予想していた。全国的に気温が低下したことで暖房用の電気・ガスの使用が増え、公益事業が1989年以来の大きな伸びとなった。

11月は0.7%低下に下方改定された。

昨年第4・四半期の鉱工業生産指数は、年率0.6%の低下だった。

12月は公益事業が前月比6.6%上昇となり、鉱工業生産指数全体の伸びのかなりの部分を占めた。11月は季節外れの暖かさだったことで、公益事業の活動は抑制されていた。

12月の製造業の生産指数は0.2%上昇だった。鉱業は横ばいだった。昨年第4・四半期は年率で製造業が0.7%、鉱業は11.9%の上昇だった。

鉱工業生産指数が全体として上昇したことで、12月の設備稼働率は0.6ポイント上昇の75.5%となった。11月の数字は74.9%に下方改定された。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧